外注依頼注意

外注さんに依頼する時に気を付けるポイント

契約書は必ず交わす

 

初めてお仕事をお願いする時や、半年ごとなどの期間で必ず契約書は交わすようにしましょう。
記事の作成や、サイトの更新をお願いするときなどは特に、サイト内の非常に重要なデータをお互いが知ることになりますので、秘密保持契約書(NDA)は必ず交わすべきです。
万が一、どこかで情報が漏れた際、また、訴訟などになった際にも契約書があるかないかではその後の処置が大きく変わってきます。

 

知り合いのアフィリエイターは、3か月に一度、契約書を見直すそうで、そこで判断基準に満たない外注さんとは、残念ながらそこでお仕事を解約するそうです。
とにかく徹底した管理が必要になってくるという事です。

 

 

契約書を交わしていないと・・・

 

万が一外注さんに依頼した記事を使い、あなたがサイトを作ってしまい、それが後ほどどこかの誰かのサイトからのコピー記事であったということが反命した場合、サイト保有者であるあなたが訴訟に巻き込まれる可能があります!

 

弊社も常日頃外注さんにお仕事をお願いしていますが、思っている以上に、安易にコピーの記事を納品してくる方は多いです。

 

そのようなことにならないように、弊社では事前に

 

・1度そのようなことのあった方とは今後取引をしない
・弊社に損害のあった場合は損害請求する

 

ということを事前にお知らせをするようにし、契約書をまいています。
これにより、少しでもそのような可能性の芽をつぶすようにしています。

 

業務は的確に指示をする

初めて仕事をお願いするときや、お互いがまだ知り合って間もない段階では特に業務に関して事細かく話し合い業務をお願いするべきです。
最初の段階で、コミュニケーションが不足していると、業務を完了してもらい納品してもらった際に、お願いしていたことと違った!などというようなことも防げます。

 

時間を作り、どの外注さんに見せても同じ作業をしていただけるような自分独自のマニュアルなども作成しておくとよいでしょう。

 


アフィリエイト外注講座 記事作成 ブログ開設 中古ドメイン探し おすすめサイト